SCROLL
ほっかいどう応援団会議
企業の皆様と共に取り組むプロジェクト
旅行クーポン
IoTで北海道の課題解決!
おうちで応援!かって北海道
子どもの居場所を守る

3年連続No.1の感謝を込めて

北海道を愛する全国の皆様に支えられ、北海道のふるさと納税受入額は
3年連続全国1位となっており、心から感謝申し上げます。

雄大な自然やおいしい食、アイヌ文化などの多彩な魅力を活かしながら、
個性あふれる道内179の市町村と共に「輝きつづける北海道」を目指して
一層取り組んでまいりますので、
今後とも、ふるさと納税を通じた応援をよろしくお願いいたします。

北海道知事 鈴木直道

エールを北のチカラに。ほっかいどう応援団会議

応援する
J O I N

やるシカないっしょ!

北海道を応援する方法、たくさんあります!
個人でカンタンにできることから、本格的なものまで応援する方法はさまざま。
その方法とメリットを紹介します。

01

応援団メンバーになろう!

ファンクラブ
(道ファン子)

LINEで公式アカウントと友達になるか、Facebookで公式アカウントにいいね!をするだけで、あなたも「道ファン子(どふぁんこ)」に!ほっかいどう応援団会議の気になる情報をお届けします。メールフォームでの登録も可能です!

02

「ふるさと」へ想いを届ける!

ふるさと納税

応援したい自治体に寄附をすると、所得税や住民税の控除が受けられます。多くの自治体では、寄附のお礼の品を用意して、応援をお待ちしています。

03

企業のチカラを地域のチカラに!

企業版ふるさと納税

道や市町村が行う地方創生の取組に、企業の皆様が寄附を通じて応援した場合に、税制上の優遇措置が受けられる制度です。皆様のご支援を地域のチカラに!

04

地域のプロジェクトを後押し!

クラウドファンディング

地域が企画するプロジェクトへ資金を提供し、事業化を後押しする応援方法です。自治体主体のプロジェクトの場合は、ふるさと納税制度の対象となります。

05

みんなのパワーを!

人材・ボランティア
募集

皆様がお持ちの経験・スキル・体力・知力などを活かした応援を募集しています。みんなのパワーで活力あふれる北海道へ!

06

官民連携で地域課題を解決!

企業との協働

道や市町村の取組に、企業等の皆様の知恵やノウハウによる応援を!掲載している取組のほか、企業等の皆様からのご提案もお待ちしています!

07

北海道へようこそ!

移住する

「北海道で暮らしてみたい」「将来どこかに移住してみたい」とお考えの皆様。「ほっかいどうはでっかいどー」ということで、地域によって魅力は様々、その魅力も無限大です。あなたも北海道民に!

08

ほかにもこんな取組が!

その他

個人や企業、それぞれの立場で「北海道を応援したい!」という気持ちにぴったりな取組がきっとあるはず。自分にあった応援をぜひ見つけてください!

ほっかいどう応援団会議について
A B O U T

いいベヤー
01

基本コンセプトをご紹介!

応援団会議とは

北海道が魅力ある大地であり続けるため、企業や団体、そして北海道ファンの皆様とのパートナーシップにより様々な取組を展開するなど、北海道を愛する方々が集い、交流するネットワークをつくり、「応援の輪」を広げていくことを目指します。

02

こんなにたくさんの皆さんが!涙

応援団メンバー

北海道にゆかりのある、または想いを寄せていただく、たくさんの企業・団体の皆様にご参加いただいています!また、著名人の方々からは、アンバサダーとして応援メッセージをいただいています。ぜひご覧ください。

03

応援いただいた事例をご紹介!

応援実績

これまで企業の皆様などに応援をいただいた実績を順次ご紹介し、応援の輪を広げていきます!

応援団メンバーになろう!
ほっかいどう
応援団会議に
参加する
個人の方
SNSで

ほっかいどう応援団会議のLINE公式アカウントを友だち登録する。

参加する

ほっかいどう応援団会議のfacebookページに「いいね」する。

参加する
個人の方
申込フォームで

下記の申込フォームに必要事項を入力のうえで送信してください。

参加する
企業・団体の方
お問い合わせ

下記のメールアドレスへお問い合わせ下さい。

メール

以下の番号よりお問い合わせください。

011-204-5158

プロモーションムービー
M O V I E

やるシカないっしょ!

北海道創生ジャーナル
「創る」web

北海道創生のキーパーソンとなる方々のコメントや、
道内各地域で進められている先駆的なプロジェクトの取組事例等を広く掲載する道庁発行の情報誌です。
北海道の活性化に向けた動きが満載。ぜひご覧ください!

 
TOPICS
ほっかいどう応援団会議に参加する
プロモーションムービー