北

子どもの居場所づくりを支援

「子どもの居場所」を広げるための支援が必要です!

 道内でも広がりをみせている子ども食堂、子どもの学習の場などの「子どもの居場所」は、地域の身近な方々によって運営されています。
 新型コロナウイルスの感染防止対策が続く中、地域の子どもたちのために活動している北海道の「子どもの居場所」が、皆様からの支援を必要としています。皆様からの温かいご支援をぜひお寄せ下さい。
 

●子どもの居場所とは?

 各地で「子どものためになんとかしたい!」という思いをもつ方々が、その思いを形にし、支援を行っている場所です。子どもの居場所のあり方は様々で、それぞれの実情にあった活動を通じて提供しています。
 

▷子ども食堂

 高校生までの子どもが一人でも活用でき、無料または定額で食事の提供を行う場所です。
「子ども食堂」、「地域食堂」、「子どもカフェ」など様々な名称で活動しています。

▷子どもの学習の場

 子どもに対し、無料または定額で学習支援を行う場所です。

▷その他の居場所

 遊びの場の提供などの居場所や多世代交流などを行う場所です。

5つの支援を求めています

全道で活動している「こどもの居場所」では、
「支援スタッフ」、「食品・食材」、「資金」、「感染防止対策」、「その他」の
5つの支援を求めています。

     

支援スタッフ

 ボランティアスタッフや学習支援スタッフ、調理スタッフなど、ともに活動する仲間を募集しています。

 ▷募集希望先など、詳細はこちら
 

食品・食材

 「子ども食堂」など、子どもへ食事を提供するために必要な食材を募集しています。

 ▷募集希望先など、詳細はこちら
 

資金

 活動を継続するための寄附を募集しています。

 ▷募集希望先など、詳細はこちら

感染防止対策

 新型コロナウイルス感染症対策として、マスクや手袋、消毒液などを募集しています。

 ▷募集希望先など、詳細はこちら