北

生活協同組合コープさっぽろ

「ちょっと待って!それ、詐欺では?!」特殊詐欺警戒啓発活動のお知らせ

 当協では、北海道との連携協定に基づき、特殊詐欺に対する警戒啓発の一環として、店舗では初の試みとなる防犯機能付き電話機体験などの啓発活動を、札幌市内3店舗で実施します。

 道内では特殊詐欺被害が急増しており、宅配システム「トドック」を騙った詐欺事案も発生しています。このような状況を踏まえ、地域住民の皆さまにあらためて注意喚起を行うため、北海道と連携して下記の店舗において啓発活動に取り組みます。

■実施日時・場所
 ①にしの店 2022年7月13日(水)10:00~14:00頃
 ②新道店  2022年7月14日(木)10:00~11:30頃
 ③元町店  2022年7月20日(水)10:00~14:00頃

■啓発内容
 ・防犯機能付き電話機の体験(番号表示、録音機能、通話前の警告音声等)
 ・来場者アンケートを基にした個別の被害防止ポイントの説明
 ・チラシ、ステッカーなどの啓発資材の配布

▶ニュースリリースはこちら(生活協同組合コープさっぽろ公式ホームページ)

様似町とのスクールランチ協働推進に係る包括連携協定

 生活協同組合コープさっぽろは、様似町で小中学生や教職員へのスクールランチ事業を実施するにあたり、食を中心としたまちづくりを協働で進めるための包括的連携協定を締結しました。
 誰もが健康で安心して生活できるまちづくりに向けて、今後も様々な自治体とともに推進していきます。

マイボトルエコアクションを開始

 道内でSDGsを推進するための活動団体「北海道SDGs推進プラットフォーム」の取り組みの一環として「マイボトルエコアクション」を本格的に開始します。
 この取り組みに先立ち、2021年7月7日(水)に道庁で記者会見を行いました。
 マイボトルを持つことは、ペットボトルなどのプラスチック製品をできるだけ使わないことに繋がります。誰もが健康で安心・安全な暮らしを実現すること、豊かな北海道の自然と環境を守り、脱炭素社会へとシフトすること、農業・漁業・林業等の地域産業の発展のため、今後とも取り組んでいきます。

自治体と協働事業を通じて地域活性化に貢献

 当社は、2008年に北海道と包括連携協定を締結し、森林づくりや高齢者見守り、子育て支援、安全・安心な食の振興等について協働で取り組んでいます。
 また、食生活の改善や栄養指導などを連携協働して健康寿命の延伸を目指すため、2020年に北海道留萌振興局・初山別村との3者で「官民連携による地域の食と健康づくりに関する協定」を締結しました。
 今後も、北海道との協働事業を通して地域の活性化に貢献してまいります。


I N F O R M A T I O N
生活協同組合コープさっぽろ
(北海道札幌市西区発寒11条5丁目10-1)
https://www.sapporo.coop/corporate/