北

株式会社 三省堂書店

「北海道みんなの日」をPR

 1869年(明治2年)、北海道の名付け親とされる松浦武四郎が、明治政府に「北加伊道」という名称を提案した7月17日は「北海道みんなの日(愛称:道みんの日)」です。
 「北海道みんなの日」をきっかけに北海道の魅力を発信するため、札幌店で下記の取り組みを実施しました。
 
実施日 内容
R2.7.17 1,700円以上お買い上げの方の中から、抽選(ガラポン)で17名様の方に、図書カード(500円分)をプレゼント

「障がい者理解促進ブックフェア」の開催


札幌店

函館店

 株式会社三省堂書店では、北海道との包括連携協定に基づき、障がい者福祉に対する道民の理解を深めることを目的に2019年11月27日から12月10日の期間、札幌・函館・留萌の各店舗で「障がい者理解促進ブックフェア」を開催しました。    
 障がいに関する書籍の特設コーナーを設置したほか、北海道意思疎通支援条例(※)やヘルプマーク(※)に関するリーフレットを配付しました。

▶北海道意思疎通支援条例についてはこちら
▶ヘルプマークについてはこちら

「北海道との包括連携協定」

留萌ブックセンターの外観
ブックカバーコンテスト受賞作品
北海道命名150年ブックフェアの様子
北海道みんなの日図書カード抽選会実施ポスター

北海道と包括連携協定を結び 「本」を通して北海道の事業に協力するとともに 店舗活用して、北海道の事業のPRも行なっています。
<主な取組み>
(包括連携協定)
・留萌ブックセンターby三省堂書店 の開店と運営支援(写真有)
・ほっかいどう未来輝く子育て大賞受賞企業への絵本の贈呈
・北海道各事業と連携したブックフェアやポスター、チラシ等の掲示
・「北海道みんなの日」記念図書カードがあたる抽選会の実施(写真有)
(企業版ふるさと納税)
・赤レンガ庁舎改築への寄附
(北海道150年事業)
・三省堂書店札幌店ブックカバーコンテストの実施と受賞作品カバーの配布(写真有)
・石狩振興局主催ブックカバーコンテストの審査及び受賞作品カバーの配布(同上 )
・北海道命名150年ブックフェアの実施(写真有)


I N F O R M A T I O N
株式会社 三省堂書店
(東京都千代田区神田神保町1-1)
https://www.books-sanseido.co.jp