北

〈積丹町〉北海道積丹半島で生産するボタニカルを使ったジン製造へのご支援をお願いします。

標茶町セントラル01

積丹町は、札幌から車で約2時間の積丹半島の先端にある、人口約2,000人の町です。北海道は針葉樹と広葉樹が混交する樹種が多く、中でも積丹半島は半径10キロ圏に山、川、海岸の植生が凝縮する北海道の植生の縮図と理想的な土地です。
人口の著しい高齢化や減少に加え、漁業・農業・観光の担い手不足など半島地域が直面する課題に対し、農林水産業、とりわけ香草植物や樹木などの魅力を町内外に分かりやすく伝えるため、町内の食や体験プログラムとの相乗効果を生み出すスピリッツ「ジン」に着眼し、官民連携による事業展開によって、ジン蒸溜事業を目的とした事業会社が誕生。令和2年にはShakotan Blue蒸溜所の完成、そして積丹ボタニカルジンの生産が始まります。
これを機に、蒸溜に関心のある若者や自然愛好家、ハーブ好きの女性、国内外のバーテンダー、道内外の大学や社会福祉法人など幅広い関心層が、積丹を訪問する仕組みを構築し、農林水産業の新たな担い手として期待される新たな積丹ファンの関係人口化を推進します。

下記のサイトにより、蒸溜所の建設等に必要な資金の一部について、応援いただける方を募っています。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

積丹半島クラフトジン ボタニカルファンド

募集時期:2019年7月4日~2020年3月31日
※当プロジェクトは寄付金控除の対象とはなりません。

I N F O R M A T I O N

事業主体: 株式会社積丹スピリット

所在地: 北海道積丹郡積丹町大字美国町字船澗38番地1

問い合わせ先: 0135-43-2000